<< ラマ×ラマ 1&2パック (初回限定生産) |ディズニー | main | くまのプーさん 完全保存版 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | - | -

バンビ スペシャル・エディション |ディズニー

バンビ スペシャル・エディションバンビ スペシャル・エディション
出演:ディズニー
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2005-03-18

これまで観た映画でいちばん衝撃的だった場面はどれかと考えると、誰もが必ず思いつくのは「バンビのお母さんの死」のシーンであり、いやというほど多くの作品を観ている映画ファンでも思い出すだけで身震いしてしまう。この最初の別離の場面(画面には出てこない出来事だが実にショッキングである)が、ウォルト・ディズニー制作の名作アニメ『バンビ』(1942年)の目玉だが、本作品の名場面はこれだけではない。テンポよく、かつ、おっとりしたタッチの69分の作品は、幼いシカの1年を追っている。しかしもっと広い見方をすれば、誕生してからおとなになるまで、気ままな子ども時代から責任あるおとなになるまでというライフサイクルそのものを描いており、このテーマが全編こましゃくれてきびきびしたスタイルで表現されている。
本作品は観客に説教するわけではないので、ためになる話を聞かされてうんざりさせられることもない。アニメは実にすばらしく、緑ゆたかな森の自然はたえず(鮮烈な山火事の場面であれ、「人間が森にいたの」とバンビのお母さんが語る暗い場面であれ)奇跡を見せる。小ジカ以外の動物を描くほうが簡単だったろうが、ディズニーのアニメーターはあえて難題に挑戦し、凍った湖の上をおぼつかない足取りでわたるバンビの姿、くの字に曲がっているバンビのきゃしゃな脚を描いた。うきうきとしてかわいらしく描かれているシーンである。バンビがちょっと元気のないときも(バンビに限らずどのシカも落ちこむことはあるのだが)、親友であるウサギのとんすけ、スカンクのフラワーがバンビのぶんまで元気にふるまう。初期のディズニー映画の大半は、詩的な瞬間と普遍的な真理にあふれているが、『バンビ』は実に気取りがなく、純粋で、とても分かりやすい。とんすけのセリフではないが、陽気な「浮かれ頭」になる楽しい作品といえよう。(Robert Horton, Amazon.com)

かわいくって最高! 2005-03-21
バンビやとん吉がかわいくって最高でした。この頃の映画は、暴力や汚い言葉が多くって、子供に見出るのを考えさせられますが、これは、文句なしに見せて安全!かわいい!楽しい!ものでした。それに、映像がきれいになっていて嬉しかったです。

夢中です!! 2005-03-18
子供の頃、夏休みの子供〜というので近くの映画館で公開されたのを見ました。初めての映画でした。子供ながらに見た、素敵な映像がそのまま甦って大感動です。4歳の娘もかわいらしい動物たちがたくさん出てくるので、夢中で見ていました。1歳の息子は一曲終わるごとに、拍手をパチパチと・・・。自然の素晴らしさ、厳しさ、動物の世界の掟など子供に伝えたいことがたくさん詰まっている映画だと思います。オススメです!!


さらに詳しい情報はコチラ≫



カテゴリ:ディズニーアニメ | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dvdwomiyou.jugem.jp/trackback/359
トラックバック
【奈良限定】バンビーナ (グリーン)
・ウォルト 激安通販・バンビ+スター+マッシュルームチャーム チェーンピアス ゴールド・癒しはディズニーですよね・バンビ・ディズニー画像の展開・ウォルト ショップ・[ゲーム・コレクション]・ 夏はナイロン?(2) コストパフォーマンスの雄? バンビ G369A・d
| ディズニーの感動 | 2007/09/08 8:03 AM |